お知らせ・塾生情報

  • 5237-111.jpg小学4年生6189-112.jpg  小学5年生  バッテングフォーム 
    よく言われる『前足を上げて後ろ足を回せ』と言う打ち方はさせません。
    小・中学生は技術力がありませんので必ず上半身(体幹)が開きます。
    これでは高校になってから苦労いたします。
    当塾の特徴はステップはさせません。技術力で打たせています。
    バット回転はインからアウトへ、インで畳み込んでアウトでボールを捕える。

    下半身から上半身へ縦軸と横軸をブレずに体のどこを動かしてどこを動かさないか 使い分けて しっかりしたバット軌道を使って どの位置でボールを叩けばヒットが出るのか】
    この打ち方を取得すれば身長体重は関係なく打てるようになります。
    小学4年生・5年生バッテング部門で掲載

  • 3981.jpg3983.jpg2023年4月22日SBSテレビ土曜日午後4時
    『しずおかびっくりTV』
    時速200kのボールを打つ企画
    すゑひろがりず南條さん挑戦114球目で打つ。
    100回以上も素振りをして、凄いの一言です。
    本当にお疲れ様でした。
    当塾では時間がなく指導の9割近くが身体の使い方でしたね、素振りは最後の3分位しかおこないませんでした。ヒットを打つ為にはヒットゾーンにバットとボールが当てなければなりません。その為にはどうしても身体の使い方を覚えていただかなくてはなりません。ただ素振りを毎日100回以上しても成果は生まれません。
    バットスイングは最後でいいのです。

    最初に全ての身体の使い方(動かし方)を学ぶことです。これが心技体の内の技術のことです。
    下である両脚(軸足のバックステップ)・中程の骨盤股関節(最重要ヶ所)・上では上腕・肩・肩甲骨、
    などを個別に動かして次に3ヶ所同時に縦軸横軸をブラさずに前に真っ直ぐ動かすことが出来れば、次にバット軌道を確立後、最後に身体全てを使ってヘッドを走らせて素振りをします。
    南條さんにも最初から最後までおこなって
    もらいたかったのですが時間制限がある為幾つか省いてしまいました。
    放送の中で小学生が素振りをしていたと思いますが、その子供は小学5年生身長1m32㎝ 体重27kこんなにも
    小さくて細い子供ですがそれでもスイング時にはブレがなくしっかり振っていたと思います。それは身体の使い方が分かっているからできることです。この子供は現在1時間指導の中で、身体の使い方を20分・素振り10分・後の時間はピッチングフォームをおこなっております。ピッチャーでも同じことです。しっかり身体の使い方を覚えなければ速いボールは投げられません。

  • 30分体験コース開設
    月曜日から土曜日まで時間は指定して下さい 料金1500円(新規の方に限ります)
     指導内容 今現状の打ち方・投げ方を解析して方向性を定めます。
    お申込みは お問合せ・ご相談フォームより第一希望・第二希望 日・時間を記入してください。

  • 日本初!小学校6年生より IMGアカデミー野球長期留学
    西原国松君 メジャーリーグへの道

    西原国松君アメリカフロリダ州にあるIMGアカデミーに6月に合格し、平成29年9月より野球留学がはじまります。
    目標はメジャーリーガー。
    テニスで有名な方もこの学校に留学をしていました。

    国松君は当塾に小学2年生にきて、当時よりお父さんから「アメリカ野球留学をさせる予定がありますので」と伺っておりました。
    まだ小学生ですのですべてできる訳ではありませんが、レベル的には相当上の段階だと思われます。少年団には所属しておりません。
    夏休みの帰国後当塾に通う予定になっております
    (2017年)

  •  西原国松  アメリカ IMG2021年度 最優秀投手
    最優秀投手に選ばれました その時の写真掲載 凄いの一言
    2021年6月より8月中旬まで日本滞在 その後アメリカへ戻ります
    当塾には6月12日より8月10日まで数十日間の指導日が入っております
    より伸びる低めのストレートを磨く投球ホームを目指します。
    着実に 一歩一歩 夢であるメジャーへの道へ
    (2021年)
    1.jpg2.jpg3.jpg

     

  • 1-1.jpg
    プロ野球独立リーグへ    芹沢幸翼大学卒業後2022年独立リーグへ入団 2021年11月トライアウト後 複数の球団から指名される 内野手バット一本で掴む 芹沢君は当塾に小学5年生から高校3年生まで大学では長期休みの時に通っていました。ヒットを量産でき足も速く(50m5.6秒)走攻守整った選手です。


  •  1092-01.jpg


    投げ方について
    新規入塾致しました小中学生の子供達を指導していて気が付くことは、野球の初歩である投げ方が間違っていて修正する子供が全員であった事には驚きました。
    (1)手首を使ったスナップスローの投げ方を教えられて使って投げている
    (2)肘を前に出して上から下へ振り落とす投げ方 
    (3)水車の如く腕が耳の辺りを通過して上から下へ回して投げる
     
    これらすべてが違っております。よく言われる 手投げです。
     
    このままの状態で投げ続けていれば 必ず肘や肩を痛め 既に痛い子供もおりましたので
    小学生の内で痛めるとはかわいそうでなりません。
    もっと楽しく野球をやらせたいものです。

  • バッティングフォームについて
    すべては下半身と軸足で体を開かずに打つことです 腕でバットを勢いよく上から下へ振ったりバットを高く上げても成果は生まれません。更に前足を高く上げその勢いで後ろ足を回してもこれも成果が生まれません詳細はバッテング部門に記載されております。参考にして下さい。更に子供達からも質問がよくある内角の打ち方ですが下半身軸回転でさばき上半身は畳んで すでに上級の子供達は出来上がっております

    指導はまず外角の打ち方を取得してもらってから内角の打ち方を教えております。 前足を上げる事は致しません。 すでに10年以上も前からおこなっている事です。 腕とバットではなく体幹を使って後ろ足で打つフォームを指導しております。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談